SIAb.PROJECT

近親姦虐待トラウマからの回復と成長を語り・学び合うプロジェクト

about

概要

SIAb. (Survivors of Incestuous Abuse / シアブ)は、近親姦虐待(=インセスト・アビューズ)被害の当事者たちが、『当事者同士が繋がり、お互いの回復と成長を語り、学び合いながら、健康的な社会生活を取り戻していこう』と、2013年4月に発足しました。

SIAb.PROJECT(シアブ・プロジェクト)では、当事者たちが主体となって近親姦虐待問題について語り合う映像や、多様な情報をインターネットを使って配信する活動を始めました。

※SIAb.は、どの宗教団体、宗教活動、政治団体、政治活動とも一切関係ありません。

目的

  • 回復に取り組みはじめた当事者が、安心して語れる場で、過去のトラウマに向き合い、当事者の仲間と語り合いながら繋がり、自己の問題の解決に繋がる何かを掴みながら成長し、回復し続けることを目的としています。
  • 回復に取り組みはじめた当事者が、プロジェクトに参加した当事者たちの語り合う映像を見たり、文章を読むことで、自己の問題の解決に繋がる何かを掴みながら成長し、回復し続けることを目的としています。
  • 健康的な社会生活を送れるよう、多様な情報を共有し、活用しながら、他者と関わり合うことで信頼や義務を認識し、徐々に人望を獲得していくことで、自己肯定感と他者への信頼感が持てるようになり、さらに成長し、回復し続けることを目的としています。
  • 近親姦虐待問題に対する社会の理解を適切な方向に導くことで、関心や理解を高め、回復や成長を改善する有効な手技について、盛んな議論や活動が展開されるようになることを目的としています。

背景

近親姦虐待の被害当事者の多くは、家族やコミュニティが崩壊してしまうことや、自分がそこから引き離されてしまうことへの不安や恐怖感などから、また無力感から、口を閉ざし、何もなかったこと、終わったこととして生き抜いてきました。

ですが、生き抜くために選択した道が、自己の成長や、社会情勢や生活状況の変化、対人関係などで問題を抱えた場合、「間違ったもの」「望んでいなかったもの」として、違和感を覚えはじめ、生き辛い道になってしまうこともあります。

勇気を出して、被害について公に訴え、語ることができるようになっても、この問題に関する情報の乏しさや理解度の低さから、周囲から誤った理解をされたり、望んでいない支援をうけてしまったり、無かったことにされてしまうことが明らかになっています。

そのうえ、地域の環境や地域性(風土や地域の特色など)により、また子育てや仕事などに追われる中で、治療や当事者仲間と繋がることが困難な場合も多く、さまざまな問題を抱えたまま、生き抜いているのが現状です。

近親姦虐待の被害当事者 は、加害者が近親者であるために起こり得るこの問題特有の苦悩や葛藤を、誰にも相談できずに孤立してしまいがちです。
その苦しさから逃避するために、自傷行為や嗜好品依存などの依存行動を続けてしまい、それを止められない自分を責めるという悪循環に陥ってしまうケースも見られます。

このような状況の中、性暴力問題を扱う相談機関や支援団体も増えつつありますが、近親姦虐待問題に特化したものはごくわずかです。

そこで、当事者が主体となり、当事者自身が声や情報をネットで発信して、仲間と繋がり合うためのプロジェクトを発足する運びとなりました。

目標

近親姦虐待の被害当事者同士が繋がって語り・学び合うプロジェクトを続ける

  • 当事者同士で語り合い、協力し合いながら回復を目指すことが常識になることで、当事者が孤立することを減らしていくための情報配信を続けていく
  • 被害当事者や加害当事者、サポートをして下さる方々、治療や公的支援に携わる方々、また、関係機関や社会全体で盛んな議論や活動が展開されて、治療方法や予防方法が日々検討されていくような社会をつくるための働きかけを続けていく

連絡先

イベントやこの活動へのお問い合わせ等ございましたら、お問い合わせフォーム または メールアドレスinfo@siab.jpからお問い合わせ下さい。

*カウンセリングや相談などは行っておりません。

SIAb.について

寄付のお願い

ページトップへ戻る