SIAb.

近親姦虐待の被害当事者たちがつながり・語り・学び合うためのセルフヘルプ・グループです。

Blog

🦒キリン・福祉のちから開拓事業に選んでいただきました🍻

先ずは、この度、新型コロナウイルスを原因とする肺炎に罹患された皆さま、困難な状況におられる皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

さて、この度「令和2年度 キリン・福祉のちから開拓事業」に採択していただきましたのでご報告します。

この助成を受け、SIAb.では【ツナガル*カタル(SIAb.出張ピアミーティング)*仮名称】というテーマで1年間、以下のプロジェクトをおこないます。

  1) 出張版SIAb.ピアミーティング:SIAb.で定期開催している「近親姦虐待被害の当事者のためのピアミーティング」と当事者交流会

  2) 周知活動:SIAb.の活動紹介と近親姦虐待による後遺症からの回復のための自助グループ活動への理解を広める活動

このプロジェクトは、全国各地に赴き「近親姦虐待に特化した自助グループを新設したい」という当事者たちをつなげ、その力を奪うことなく、その地域性に見合ったグループを立ち上げる活動をフォローすることを目的とします。

📣なお、緊急事態宣言による自粛要請が解除されるまで、出張ミーティングや休止になっているセルフヘルプ事業の代替えとして、Zoomによるオンラインイーティングや電話やSkype通話を使った傾聴&ピアトークを開催します。

🦒助成申請理由について

昨今、刑法の改正やその見直しを行なっていただいている影響もあり、性犯罪や性虐待の報道の機会が増えて世間の関心も高まりつつありますが、その反面、過去の辛い記憶と向き合わざるを得ない事態に追い込まれた当事者も増えてきていると感じていました。

ですが、専門的な治療や支援などの受入れ体制が十分に構築されておらず、当事者がツナガリづらいという課題が浮き彫りになっています。

そこで、これらの課題を改善する事業の為、SIAb.にできることを考え、申請をしました。

🦒令和2年度 キリン・福祉のちから開拓事業について

この助成は、公益財団法人キリン福祉財団の助成事業で、社会福祉およびその関連分野における事業に対する援助、ならびに青少年の健全育成事業およびその関連分野に対する援助を目的にかかげています。

🦒助成金拝受の感想とお礼🍻

SIAb.発足の頃、フェローシップの時に「全国にSIAb.のようなグループがたくさんできればいいな」という夢を語り合ってきました。

2016年からは、少しずつ、SIAb.が安定して活動できるように、全国に広がりますようにと、着々と準備を進めてきました。

そして、満を持して応募したこの助成事業に採択していただきましたこと、心より御礼申し上げます。

計画していた出張ミーティングなどは、事態が収束するまで実施することはできませんが、今できることして、その時がくるのを待ちつつ、さらに準備をして参ります。

最後に、いただいた助成金は大切に使わせていただきます。

本当にどうもありがとうございました。

🔔『ツナガル*カタル SIAb.出張ミーティング.』の活動状況や報告は、当ブログにUPしますので、おたのしみ に♪♬

comment(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HTMLタグは使えません。改行はそのまま表示されます。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

ブログ

ページトップへ戻る