SIAb.

近親者からの性的虐待の被害当事者たちがつながり・語り・学び合うためのセルフヘルプ・グループです。

Workshop ワークショップ

SIAb.では、ピアミーティング以外にも気軽に参加できるワークショップを開催しています。
「被害や自分と向き合う時間と、そうでない日常の時間」とのバランス感覚を養いましょう。

ワークショップとは

ワークショップとは、一般に創造的な作業や学習会、またはエクササイズなど、参加者が自主的に活動する講習会などです。
SIAb.のワークショップでは、学びや手作業でのものづくりを楽しんだり、エクササイズで体調を整えたりしながら、参加した当事者たちと安全な時間と場を共有します。
シェアミーティングが「自分と向き合う時間」とすれば、そうでない「日常の時間」を大切にする場という感じです。
少しずつ、その2つの時間のバランス感覚を養いましょう。
被害について話す必要も、強制もありません。

以下のようなときに向いています。

  • 言葉で自らの思いを語ることが難しいとき
  • 語るよりも、アートで表現したり、体感することの方が容易なとき
  • 過去の被害の記憶が蘇って間もないとき
  • 記憶と向き合うことから距離を置きたいとき
  • 自分について研究してみたいとき
  • 若年層の方

「安心感のある安全な場」であるよう思いやりを忘れずに、雑談を交えながらその空間と時間を味わいましょう。

SIAb.のワークショップは、当事者たち作り上げたルールとプログラムに則って開催しています。
各グループによってプログラムや開催時間が異なりますので、各グループのページにて詳細をご確認ください。

※SIAb.のWork Shopは、2016年度草の根市民基金・ぐらん助成対象事業です。

グループ一覧

グループによってプログラムや開催時間が異なります。各グループのページにて詳細をご確認ください。

ワークショップルール

みんなで守ってきたルールです。厳守をお願いします。

  • ワークショップの進行はファシリテーター(進行役)やガイド(案内人)が行います。
  • 他の参加者への指示や批判はしないでください。
  • 途中退席はOKです。
  • ワークショップ中に、他の団体や活動、宗教などに勧誘することはお断りしています。
  • 飲食は、お借りしている会場のルールに従ってください。
  • ゴミは各自持ち帰ってください。
  • 録音や撮影は禁止です。
  • 連絡先の交換等はおすすめしていません。自己判断でお願いします。

Q&A

Q.参加方法について教えてください
SIAb.のワークショップは自由参加です。事前の予約・登録等は一切必要ありません。
参加を希望される日時に会場までお越しください。
Q.参加費用について教えてください
参加費は不要ですが、100円以上の献金をお願いしています。(額は決まっていません)
SIAb.を運営、維持するため、またワークショップの材料費やお茶代、会場費のため、ご理解とご協力をお願いします。
Q.参加にあたって準備しておくものはありますか?
必要な材料や道具はご用意しております。持参していただくものは特にありません。
もちろん、ご自分の材料や道具を持参していただいてもOKです。(名前を書いておくと良いです。)
Q.初めて参加するので不安です…
初回は、なるべく開始時間の少し前に着くとよいです。
会場に着いたら、グループの管理人またはファシリテーターやガイド(案内人)を確認します。
管理人またはファシリテーターやガイドに、初めて参加することを伝えていただければ、ルールやプログラムを説明します。
わからないことがあれば、管理人またはファシリテーターやガイドが説明しますので安心してください。

セルフヘルプ・グループ

寄付のお願い

ページトップへ戻る