SIAb.

近親姦虐待の被害当事者たちがつながり・語り・学び合うためのセルフヘルプ・グループです。

Blog

『私たちは抵抗しました』デモ活動のお知らせ~愛知県・性的虐待裁判無罪判決を受けて~

憲法記念日の今日、

SIAb.のメンバーは近親姦虐待(近親者からの性的侵入を含む虐待)被害のサバイバーで、トラウマを抱えながらもそれぞれに「私の人生を取り戻す闘い」の日々を送っています。

でも今、「私たちの人生」を取り戻すために立ち上がる時がきたと感じています。

これから始めるアクションが私たちサバイバーに、そしてこれを読んでくださっているあなたやあなたの大切な誰かに良い風となって吹くことを願います。

この度、愛知県にて実父から性的虐待被害を受けていた女性が裁判を起こすも「心理的に著しく抵抗できない状態だったとは認められない」として無罪が言い渡されるという判決がありました。

このニュースは、近親姦虐待被害の当事者たちによる自助グループ「SIAb.」に参加する私たちに、大きな衝撃を与えました。

また、当HPには、全国の当事者の方から行き場のない声が届けられています。

「こんな判決許せない」
「抵抗できなかった心理を彼女のために法廷で証言してあげたい」
「彼女に直接でなくても共感している人間がここにもいる事を伝えたい」
「何か私にできる事はないでしょうか」ー。

メッセージを寄せてくださった方の中には、今回の判決のショックに「藁をもつかむ思いでSIAb.の存在を見つけだし、初めて連絡した」という方もいらっしゃいます。

メッセージは送らずとも、巻き起こった心の嵐に耐えながらHPを訪れている当事者の方もいらっしゃるかもしれません。

この無罪判決はネット上で波紋を呼び、すでに抗議デモを起こしている団体もあります。

そんな中、多くの当事者が集まる私たちSIAb.は初めてのデモ活動『私たちは抵抗しましたに動き出すことにしました。

今回の裁判では、被害女性が実父からの加害行為に

・抵抗しなかったのか?
・抵抗出来なかったのか?

が争点となっています。

判決は「抵抗できたけどしなかった」とされ、ネット上では「抵抗できない心理状態だったのだろう」といった意見が支持されています。

今回デモを企画したSIAb.のメンバーたちはこう考えています。

「抵抗しなかったのではなく出来なかった。ただそれだけでなく、出来なかったけれど本当はとても抵抗していたのだ」と。

この複雑なサバイバーの心情を理解いただくのは簡単ではないと思います。

現在の社会において近親姦虐待は世間一般に触れ難い話題であり、被害当事者が公に語る機会もあまりありません。

ですが、SIAb.のピアミーティングでは、よくそれを「見えない抵抗」「必死でしたけれど、叶わなかった抵抗」として語り合ってきました。

世の中の人がどう捉えようと、私たちは「抵抗した」のです。

私たちは、それを知っていただくためにも可視化していきたいと考えています。

少しでも多くの方に近親姦虐待・性的虐待被害の実情を知ってもらうことが、今回のデモの目的です。

まず、SIAb.HPから社会に向けて、「私たち当事者の声」の発信を始めることにしました。

私たちだからこそできることを始めませんか。

そこで、次のデモにご協力をいただける当事者の方にお願いしたいのです。

賛同いただけた方、準備のできた当事者の方は、このブログのコメントに「私がした抵抗」(第三者からは一見抵抗と理解されないかもしれない「見えない抵抗」を含みます。)を書き込みをお願いします。

私たちが本当に存在していることを示すために、本名もしくはアノニマスネーム(ニックネーム)、年齢(年代可)とお住まい(県名、もしくは地方名)の記入をお願いします。

書き込んでいただいた内容をSIAb.のHPへのブログ掲載「可」もしくは「不可」を必ず書いてください。

なお、

掲載後も、いつでも削除できます。削除したくなったらいつでもご連絡ください。
 (連絡先:info☆siab.jp/☆マークを@に変えてください。)

いただいたメールアドレスは、掲載しませんのでご安心ください。

送られたコメントは、SIAb.メンバーが確認した後、掲載となります。いただいたコメントに対する悪意のあるコメントは削除して掲載しません。ご安心ください。

また、SIAb.では、今後、私たちの現状を被害を可視化していくため、アンケートを実施する予定です。

ご協力いただける当事者の方、どうぞよろしくお願いいたします。

文:by ゆうこ🌱

comment(4)

Comment

  1. めい より:

    子どもだった娘が、血のつながりのある父親や祖父、兄や叔父と性行為を同意のもとでしたいと思うでしょうか?‌
    父親は、娘を女としてしか見れないという、歪んだ意識を持っているのです。‌
    あまりに現実を知らなさすぎる判決に、心から憤慨し叫びたい気持ちでいっぱいです。父親は娘に、あまりに圧倒的な目に見えない圧力と恐怖を与えたことでしょう。それを証明することは困難です。‌
    でも、近親者からの性被害当事者の私たちならわかります。子どもだった時、まさか父親が、祖父が、兄が、叔父たちが性行為をしてくるなんて思いもせず心から信じ切っていたのに、豹変してしまう現実に圧倒され恐怖で体が凍り付いてしまう事を!!

  2. めい より:

    「私のした抵抗」‌

    小学高学年でした。中学生の兄に、就寝時に性的虐待を受けて、別の部屋に逃げて就寝するようになりましたが、何度も侵入されました。布団をめくられそうになった時、やっと目を開け「今、何時?」と抵抗しました。兄は「何をようるんじゃあ!」と暴言を吐いて部屋から出て行きました。‌
    中学生の時、夏の暑い日、うとうとと寝てしまった私の部屋に高校生の兄はそ~と侵入しブラウスに手をかけられた時、目を覚ましました。何の言葉も発する事は出来ませんでしたが、目を覚ますことが抵抗でした。兄は、私が目を覚ましたのに気づいて、「起き」(?)と私の体をポンポンと軽くたたいて誤魔化しましたが、私は決して誤魔化されませんでした。私のブラウスを脱がせて体をさわろうと企んでいたのです。‌

    在住地 大阪府‌
    年齢 50代‌
    ブログ掲載可

  3. 法学徒 より:

    「私のした抵抗」‌

    義父がバスルームに入ってきた。。。‌

    私は固まって動けなくなった。。。。‌
    現実に起こっていることとは思えなかった。。。。‌

    でも私は、抵抗していた。。。。。‌

    今回の無罪判決に票を入れた裁判官たちは‌
    自分たちの娘に、‌
    正当化して、同じことができるタイプの人間だとしか思えない!‌

    刑法が改正され、施行されたたはず、‌
    無罪に票を入れた裁判官たちは、法律知らないのか?‌

    「監護者性交等罪」(改正後の刑法179条2項)が新設されて、18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者や性交等をした者は、暴行又は脅迫を用いない場合であっても「強制わいせつ罪」、「強制性交等罪」と同様に処罰す。‌

    これに当たるだろう!‌
    検察側も、お粗末すぎる結果になった。。。。

  4. より:

    以下、SIAb.のメールボックスに届いた文章を、ご本人の承認を得てコメントとして転載しています。‌

    ***‌

    初めまして。‌
    私は宮崎県延岡市に住む38歳の主婦です。‌
    私も幼い頃親近者から性的虐待を受けた一人です。‌

    3才から親の離婚により4才離れた姉と養護施設に預けられました。‌
    毎年2回程長期の休みには親戚の車で父親が迎えに来て姉と父親の住む実家に帰って過ごしました。‌
    小学校の頃は父親に対して何も疑問を抱く事なく過ごしていましたが、姉が中学を卒業し社会に出始めた頃から少しずつ環境が変わりはじめました。‌

    高校生になった私はいつもと変わりなく夏休みを実家の父親の元で過ごしていました。‌
    姉は社会に出ていたので二人きりの時間でした。‌
    今から20年前、私の住む町は田舎で山と海に囲まれ住んでいる人も高齢者が多く、また小高い山の上の一軒家でしたのでTVの音1つでもどこにも聴こえない環境でした。‌
    ある夜、就寝準備をし寝床に着こうとした瞬間父親がふいにこう言いました。‌
    『触れ』‌
    一瞬何の事か理解出来ず、暗闇の中沈黙‌
    続き再び父親が『ここを触れ』と促して来た瞬間理解したのです。‌
    高校生の私は状況を理解しながらも怖さで触れることは出来ずただただ時間だけが過ぎて早く朝にならないかと暗闇の中で身体を震わせていました。‌

    後に、施設に戻った後もかかりつけの理容室で椅子に座らされた後に、鏡越しにシャツの上から胸や乳輪を触られ、私が微動だに動かない抵抗しないと分かると鏡を見ながらにやにやと笑みを浮かべ、客がくるといつも通り平常心で接客していました。‌
    その後、私と同じような事が小さな下級生にあってはならないと、被害を施設の職員にも伝え理容室は変更して頂きましたが、現実はそれだけでは治まらず、施設内でも学年や月齢に関係なく異常な性行為、好きと言う感情は愚かその感覚でさえも簡単に利用され、職員の見ていない時に大きいお兄ちゃんが幼い子供の秘部に触れ快感を獲たり、日常的に行われていましたが声にも出せず成長し卒業して社会に出ています。‌
    加えた本人達は何もなかったかの様に生活し結婚して子供を授かっている現状に‌
    どこに怒りをぶつけたらいいのか、どうすればそんな自分を許せるのか、20年経ち結婚し子供に恵まれた私でも誰にも理解出来ない葛藤の中で今も社会にいまが、どこの窓口に行っても瞬間だけの対応で話した分だけ悩んでしまい、その度に自分は汚れた人間だと、どんなに綺麗な言葉をもらってもどんなに温かい環境の中で過ごしていてもやはり心は空っぽで福祉はもちろんですが許せない想いの方が強いです。‌

    残念ながら私の父親は病気で亡くなりもうこの世にはいませんが、今現在実際に苦しんで生活している私と同じ様な人の救いとして、せめて加害者(死亡でも)無しでも裁判が確立出来き被害を受けた側には何の罪もなかったと認められる決定や立証の法案が可能になれば、被害を受けた方、また、今施設にいる子供達を少しでも守る事が出来るんじゃないかと心から願っていますが、延岡市には窓口はあってもやはり実態を調査する事事態が話題もなりませんので本当に受けた側は一生誰にも知られることなく過ごしていると思いますし、隠して結婚して生活していらっしゃる方もいるかもしれません。‌

    私の唯一の救いは旦那が全て受け入れていることに他ありません。‌
    私はその面では恵まれた環境かもしれませんが、今、子育て支援センターで働くなかで自分の経験や力をどう使っていいのか、救いたいけど簡単な事じゃない、自分の事も解決出来ないなかで何が出来るのか、窓口に訪ねる勇気さえありません。そんな中このサイトに辿り着きました。‌

    偶然かもしれない、県だって離れてる、何が伝わる、きっと何も伝わらない‌
    それでも私と同じ苦しみを抱えてる人がいる。‌
    顔も名前も何も知らないけど、何かきっかけが出来るかもしれない。‌

    20年前の養護施設と今は様変わりしていると思う。消したくても消せない。‌
    『一言裁判官の前で償って欲しい』加害者が亡くなり責任が取れない環境でも親族が生きているなら当然償うべき問題、例え加害者無しの裁判が不可能でも罪に問われる法案は通るべき。‌
    私は今この壁と戦っています。‌
    立証不可能でも絶対に罪に問われるべき。‌
    絶対に許されない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HTMLタグは使えません。改行はそのまま表示されます。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ

ページトップへ戻る