SIAb.

近親者からの性的虐待の被害当事者たちがつながり・語り・学び合うためのセルフヘルプ・グループです。

Blog

ニキ・ド・サンファル展のご案内と映画の感想

先日、録画して観た映画『ザ・インタープリター(The Interpreter)』の感想と併せて、9月18日(金)から、国立新美術館で開催される『ニキ・ド・サンファル展』のご紹介です。

 人形のようなスキのない美しさの中に、どんな役を演じても、人間的な魅力を放って引き込む演技をするニコール・キッドマンが演じる、国連通訳のシルヴィアと、マドンナと離婚後、いい意味で色気がでて歳を重ねるたびにどんどん魅力が増す、個人的に大好きなショーン・ペンの演じる、シークレット・サービスのトビン。

 シルヴィアもトビンも、愛する人達を失って、その怒りや葛藤を抱えているのですが、それぞれ生きる意義を見つけて何とか生き抜いています。

二人は、ある事件をきっかけに出会い、また、その事件のせいで、大きく、以前よりももっと、激しく怒りや葛藤と向き合うことになってしまいます。

 でも、依然と違って、独りぼっちじゃない…

 そして、今までと違った生き方を見つけられそうになっている…

ジワーッとしみる内容とスピード感のある展開が、国連本部やニューヨークの街を舞台に繰り広げらる、2005年に制作されたミステリー・サスペンスです。

 そして、もうひとつ。
国立新美術館で開催される『ニキ・ド・サンファル展』。

こちらも、怒りや葛藤を芸術によって表現し、癒された、ある女性の展覧会です。

 詳細は、展覧会のホームページをご覧ください。

ホームページを見てから行くか?
展覧会を見てからホームページを見るか??

 どうしましょ??

comment(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HTMLタグは使えません。改行はそのまま表示されます。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ

ページトップへ戻る