SIAb.

近親姦虐待の被害当事者たちがつながり・語り・学び合うためのセルフヘルプ・グループです。

Blog

2015 JUSTアディクションフォーラムのご案内

2015 JUSTアディクションフォーラムのタイトルと日程が決まりましたので、そのご報告です。

『パーソナリティは変化する』
日時:2015年4月26日(日) 10:00~16:00(9:30開場)
場所:星陵会館ホール(東京都千代田区永田町)

←詳細はJUSTのホームページからどうぞ(サクラをクリックしてください) 

more

2015年始まりました

年末から 私事でいろいろ・・・本当にいろいろありまして、パソコンに向かい合う時間がないというか、向かい合う気力が無くなっていました。

時間が少しづつ流れて、いつ訪れるかわからなかったことも、自然に―雪が解けていくように知らぬ間に始まっていて、少しづつ気付きながら、意識しながらも、無理せず心を開いて、ただ心を委ねるように過ごしていました。

まだ心が整理できていなくて、考えただけで心が波打ってくるので、書いたりできない状態ですが、本当に良い経験をすることができました。
全ての人に当てはまることではないのかもしれないけれど、ひとつの、一人の物語として、いつか書かせていただきたいと思っています。

何はともあれ、新しい年が始まりました。
苦しみのどん底にいると、何だかそのことも腹が立ってくることなのですが・・・

今年もよろしくお願いいたします。

けいこ

映画『ハンナ・アーレント』を観て

久しぶりに、映画『ハンナ・アーレント』を観ての感想です。

友人から勧められるまで、その人の名を聞いたこともなかったので、「誰?」と思いながら見始めたのですが、すぐに引き込まれていきました。
次々と流れる字幕には、優しさと誠実さと力強さが染み込んでいて、鼓動が大きくなっていくのを感じました。

ガマンできなくなって、なんども早戻しと一時停止を繰り返し押しながら、時には文字お越しをしながら、じっくりと味わいながら観ました。

今年の5月に、このブログにコメントを書いた、『アクト・オブ・キリング』という映画を観たときの衝撃と虚しさ、全体的に流れる黒澤明監督の『七人の侍』にも通じるテーマ、そして何よりも、私たちSIAb.の創りあげた動画『SIAb.Project 2013年度 ツナガル・カタル ダイジェスト版』の中で語られていることと同じ風が流れていてると感じました。

ぜひぜひ じっくりと味わいながら観ていただきたい映画のひとつです。

そして2014年11月12日 今日も共通する何かを感じた

今朝、コラム『麻布十番おでん日記』をUPしたながら、偶然にも6年前、1日違いで南アフリカが舞台の映画を観ていたことに気づきました。

昨晩は、録画していた『インビクタス~負けざる者たち~』を、2008年の11月12日は、『ツォツィ』を…。

そして、2008年の今日、日記に書いていたことを、より明瞭に、深く、私は理解できていることに気づいています。

生き抜いてきたからこそ 理解できる楽しさ

映画の中に流れる 人間の深い愛
この2篇の映画を観て、そう感じられることに 感謝です

 “神に感謝しよう
 〈負けざる魂〉を授けてくれたことを
 我が運命を決めるのは我なり
 我が魂を制服するのは我なり”

11月が始まりました♫

年末調整の資料などが届き始めて、ここ数週間は、本職の経理の仕事に没頭していたので、買い込みがとびとびになってしまいました(´・ω・`)

10月は、始めてミーティングに参加してくださった方が増えて、また、久しぶりにミーティングに参加をしてくれた仲間、参加はできないけれど、メッセージを送ってくれた仲間、本当に感謝感謝でした。

凹らの時代 Series3も配信が始まりました。
シェアミーティングの2周目も、近日中にUPが始まりますヽ(´▽`)/

11月のミーティングは、5日(水)と19日(水)です!

寒くなってきますので、風邪などに充分気をつけて、うがい手洗いをこまめにしましょ~o(^▽^)o
気持ちが不安定な時は、免疫力も下がりますので、暖かくして、リラックスを心がけるとよいと思います♪

 

ももこさんからのお手紙です

ももこです。

初めてシアブのミーティングに参加させて頂き、ありがとうございました。

初めて同じ様な被害に遭われた方々の話しを聞く事が出来て、初めて「一人じゃない」って思えました。

「誰かに相談出来なかったのか?」って言葉は、私も「はぁ?」って思います。
(*注:下記補足参照)

私も2、3歳の頃から「誰にも言うんじゃないよ!」って、秘密を保持させられて生きて来ました。
周りの大人が、何か感じ取って、気づいてくれてたらどんなに救われたか・・・って、いつも思ってしまいます。

いつもニコニコしているとよく言われます。
だって、母の機嫌を取るためには、そうするしか方法がなかったから。

私も思いっきり泣きたかった。

またミーティングに参加したいです。

ありがとうございました。

*文中の補足:ももこさんが参加されたミーティング中、第3者から「誰かに相談できなかったのか?」と言われたという、仲間の語りがあり、そのことについての感想です。

SIAb.!(シアブってよむんだよ♪)

コラム『麻布十番おでん日記』が、ちょうど私がクリニックに通い始めてから、2度目くらいのどん底の頃のものなので、ちょっと重い・・・(=_=)

けれど、6年が経ち、2008年10月14日の『本当に求めているもの』で書いていたことを、今、自分が仲間たちと一緒にやれていることに ジ~ン(´;ω;`)

先日の ノーベル平和賞を受賞したマララさんや、他のあらゆる苦難を乗り越えてきた人たちがそうであったように、経験をしてきた人たちが回復し(recoverd)、学び(education)、訴えていくということこそが―それを、諦めずに少しづつ、少しづつ続けていくことこそが、周りを巻き込み、変革をもたらしていく唯一の道だということを、ひしひしと感じました。

まさしく SIAb.!!

華々しく、激しくはないけれど、おでんの出汁のように、これからも じんわり じんわり 世の中に染み込んでいけますように・・・―Oロ|>-

※マララさんの国連演説動画はこちら  東京新聞掲載 全文はこちら

 

 

鏡の中

今日UPした 『麻布十番おでん日記』の2008年9月30日、この日は私が爆発した日でした。

 この日、起こったことは、『夢叶えても、レ・ミゼラブル!?』 にも触れていますが、今となっては、『私』を語る上で大切な記憶となっています。

ところで、先日、凹らの時代Part3の撮影をした際、『鏡の中の自分との対峙する記憶』が、私を含めて参加した仲間から出ました。
とっても興味深い話が、いくつも飛び出してきました。

編集も進んで、もうすぐ①がUP予定です。
お楽しみにo(^▽^)o

鏡の中の自分や、覗き込んだ鏡の中に現れる映像。
意外と小説や映画の中に、たくさん登場するシーンです。

自分と重ね合わせながら見てみると、結構、いろいろ気づきがありますよ(^_-)-☆

映画『Frankie&Alice』を観て

さきほど、『フランキー&アリス』を観てきました。
涙が止まらなかった・・・

 解離性同一性障害の症状がひどくなり、自分の人生を取り戻すために、一歩を踏み出し、とり戻していく過程を描いた映画です.

 メッセージがたくさん詰まった、余韻の残るいい作品です。

流れてくる音楽も素敵でした♪

いつの間にやらスライバ~♪

来週 9月28日(日)に、第9回日本家族と子どもセラピスト学会公開講座が開催されます。
いろいろな問題を抱えた当事者の方々が、それぞれの体験談を語ってくださいます。
午後は、会場にいらした方とのディスカッションも予定しているとのこと。
SIAb.の仲間も来場予定です。
いろんな気付き 得られるといいな♪

1 5 6 7 8 9 10 11 13

ブログ

ページトップへ戻る