SIAb.

近親姦虐待の被害当事者たちがつながり・語り・学び合うためのセルフヘルプ・グループです。

Blog

🦒水戸でSIAb.出張ピアミーティング&シンポジウムを開催します!

水戸イベントポスター

お待たせしました🤗 コロナ禍で延期になっていた SIAb.の出張ピアミーティング&シンポジウム の開催が決定致しましたのでご案内させていただきます。 今回は3部制で2日間、水戸市の社会福祉協議会ボランティア会館 MIOS(ミオス)で開催します。

🌳 日時
🌱1日目:5月18日(火)
第1部 14:00~16:30(開場13:30)シンポジウム
第2部 18:00~20:00(開場17:30)SIAb. 出張版ピアミーテインング/夜間の部
🌱2日目:5月19日(水)
第3部 13:00~15:00(開場12:30)SIAb. 出張版ピアミーテインング/昼間の部

🌳 会場
水戸市社会福祉協議会ボランティア会館MIOS(ミオス)
茨城県水戸市赤塚1−1MIOS(ミオス)2階(GoogleMap
🌱1日目:第1部および第2部:大研修室
🌱2日目:第3部:視聴覚室

🌱会場へのアクセス
🚗駐車場は、会館に隣接している市営赤塚駅北口駐車場をご利用ください。
 *駐車場使用料が免除になります。ご利用の方は駐車券を受付にご提示ください。
🚃JR常磐線赤塚駅(北口)下車、徒歩1分
🚌JRバス関東・茨城交通の各バスで赤塚駅経由にお乗りください。
 赤塚駅北口下車、徒歩1分 / 南口下車、徒歩3分

🌳 参加費(資料代)および募集対象
🌱第1部 1,000円/一般 (この問題に関心のある方なら誰でも)
 無料/被害当事者(性別不問)
🌱第2部および第3部 無料/被害当事者(性自認が女性)のみ参加可

🌳 定員
第1部および第2部:40名
第3部:10名

🌳 参加条件
申し込みの際に以下を明記ください。(必須)
🌱一般の方
①実名
②勤務先/大学名(学部と選考学科含む)/所属団体名
🌱被害当事者の方
①実名もしくはアノニマスネーム(仮名)
②自助グループ参加経験の有無
(参加経験のある方はどんな団体かを教えてください。例:性被害、摂食障害etc.)
🌱アンケートの回答
お申込みされた方には、ご登録メールアドレス宛に確認メールを送らさせていただきます。Googleフォームでの事前アンケートのリンクを記載いたしますので、必ずご回答下さい。
 ※迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合、メールが受信できない場合があります。「info@siab.jpを受信設定してください。

🌳 お申し込み方法 Peatixまたはメールでお申し込みください。
🌱メールからのお申し込み
 info@siab.jp 宛に上記『🌳参加条件』の必須
項目を明記の上、お申し込みください。
🌱Peatixからのお申し込み
🔰【初めてご利用される参加者向け】Peatixご利用の流れ
領収書が必要な方は領収書発行をPeatixのサイトから行うことができます。 領収書の発行についてをご確認ください。
URL:https://siabeventmito2021.peatix.com/
🈸こちらからも申し込みできます。

 

🌳 イベントの内容について このイベントは「令和2年度 キリン・福祉のちから開拓事業」です。 採択いただいた際の報告ブログはこちらをご参照ください。

🌳 お問い合わせ窓口について
お問い合わせは、下記メールアドレスまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。 なお、内容によっては回答をさしあげるのにお時間をいただくこともございますのでご了承ください。
注)カウンセリング等は一切行っておりません。
e-mail:info@siab.jp

🌳 イベントの詳細
第1部のシンポジウムは、被害当事者はもちろん、この問題に関心のある方でしたら性別問わずどなたでもご参加いただけます。 前半は、これまでSIAb.の各グループを立ち上げやてきた管理人たちや、これから地方で立ち上げようとしている当事者やたちが、グループ運営の経験談や不安、課題や解決案などについて語るパネルディスカッションを行います。 パネラーには、SIAb.や他団体の立ち上げの経験者もおりますので、SIAb.以外で自助グループの団体を立ち上げたいと考えている方の参考にもなるかと思います。 後半は、参加者全員でいくつかのグループに分かれて「安心・安全感がある居場所づくり」について語り合いますます。

第2部と第3部は、どちらも被害当事者だけで2時間のピアミーティングを行います。 (ごめんなさい!こちらは性自認が女性のみです。) 内容は、ピアミーティングのページをご参照ください。 夜間と昼間と2回開催しますので、これまで時間が合わず断念していた方や、ピアミーティングに参加経験のない方も、この機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

メンバー一同、なごやかな雰囲気のなか、当事者の語りを聴いて感じたことやこの問題について抱いている感情や意見、疑問などについて分かち合い、この問題について一緒に考えていけたらなぁと思います。 そして、このイベントに参加していただいた当事者の方たちに、「ツナガル*カタル」を体験していただき、回復への一歩を踏み出す一助になればと願っています。

最後に、新型コロナウイルス感染症に罹患されたみなさまおよびご家族やご関係者のみなさまに謹んでお見舞い申し上げます。 また、医療関係やエッセンシャルワークに従事されている方々に心より感謝致します。 一日も早く収束することをSIAb.のメンバー一同、心より祈っております。

補足:SIAb.は、セルフヘルプ・グループ活動とSIAb.プロジェクト活動の2軸で活動しています。SIAb.プロジェクト活動は、セルフヘルプ・のセルフヘルプ・グループに参加している有志の当事者たちが、近親姦虐待の問題について社会に発信する活動をしています。 なお、このプロジェクトは、あくまで有志の当事者による活動です。ミーティングやワークショップに参加したとしても、この活動に携わることを勧めることはありません。ご安心ください。 お互いの回復と成長の為に、同じような経験をしてきた当事者たちや、さまざまな立場でこの問題にかかわり関心を持ってくださっている方々と、交流をすることで人との繋がりの喜びや難しさを体感できるよう、多様な情報を提供していきます。 また、「力強く生き抜くための智慧」を養うために、さまざまなイベントや勉強会などの情報や、それらに参加して得た情報を提供しています。
(詳細:https://siab.jp/project

comment(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HTMLタグは使えません。改行はそのまま表示されます。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ

退出する ページトップへ戻る